脳神経外科の特徴

高度先進医療を行っています。

3TMRI 320列CT により正確な診断を行っています。
内視鏡システム、脳外科専用DSA装置を導入し、低侵襲な治療を行っています。
高難度手術可能な機器、高性能顕微鏡を導入しました。通常の脳外科用顕微鏡の約1.5倍の倍率まで拡大可能であり、0.5mm以下の血管縫合も可能です。
オペ室には脳血管撮影装置を導入し、開頭手術と血管内手術を同時に行えます。
最新のモニタリングシステムを導入し、安全に手術が行えるようにしました。

手術風景写真

脳神経外科専門医、専用の機械出し看護師、生理機能検査技師でチームを組み、より安全な治療を心がけ手術を行っています。

モニタリングの写真

MEP SEP VEP ABR 下位脳神経もモニタリングしています。必要に応じて夜間緊急でも行います。

器械の写真

最新の器械を取り揃え、深部の微細な手術も可能です。


超急性期の脳卒中治療を24時間行っています。

宇都宮市内で発生した脳卒中患者さんが、遠方の施設まで搬送される事のないようにします。
中でも脳梗塞の患者さんでは、治療開始までの時間が予後に大きく影響するため、1分でも早く、迅速な治療を開始できるように体制を整えました。t-PA治療、血栓回収治療を24時間体制で行っています。血管内治療で血栓が取りきれない場合には開頭手術を緊急で行い血栓を除去できるように脳神経外科専用のope室を増設しました。また、脳血管撮影室には脳神経外科専用のDSA装置を設置しました。脳外科手術に訓練された看護師が迅速に手術の準備を行う為、開頭手術が必要な症例は、準備開始から30分以内に手術が可能です。


最良の外科治療をお届けします。

各分野のエキスパートと連携して治療を行える体制作りをしています。当院の治療で完結するように、地元の最後の砦として各分野で定評のある脳神経外科医と共に治療を行っています。


チーム医療を行っています。

重症患者様は集中治療室で管理し、早期より脳卒中専門のリハビリスタッフがリハビリを開始いたします。腎臓が悪い患者様の透析も専門のスタッフが行っています。


脳動脈瘤でお困りの方はご相談ください。

治療が難しく、お困りの場合はご相談ください。当科では下記の方についても対応いたします。

など


診療実績・施行実績

2018年5月から 2018年11月まで

脳動脈瘤(直達術)
39例(バイパス併用例3例OA-calcarine, OA-PICA, M3-M3 bypass)
頸動脈血栓内膜剥離術
4例
浅側頭動脈ー中大脳動脈吻合術
6例
脳動静脈奇形摘出術
2例
脳幹部海綿状血管腫
1例
脳腫瘍
7例
開頭脳内血腫除去術
9例
内視鏡下血腫除去術
3例
血管内手術
12例(血栓除去5例 コイル塞栓術5例 CAS2例)
急性硬膜下血腫
2例
下垂体腫瘍(経鼻)
1例
外減圧
3例
その他
41例

随時実積をupします。


外来診療表

 
午前 斎藤 平沢 福田 斎藤 担当医 石原
午後 平沢 平沢 福田 斎藤 担当医  
〒320-0811 栃木県宇都宮市大通り1-3-16
社会医療法人中山会
宇都宮記念病院
脳神経外科
〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り1-3-16
028-622-1991