主な対象疾患

脳動脈瘤 ( 未破裂 )

脳ドック等で偶然見つかった小さな動脈瘤から、圧迫による神経症状を呈する大きい動脈瘤、血管内治療後、開頭クリッピング後の再発動脈瘤など、様々な動脈瘤があります。単なるクリッピングでは対処できないものもあり、バイパス手術を行い、最善の治療を心がけています。無血操作を心がけ、穿通枝(数十ミクロンー数百ミクロンの太さ)や脳表への小血管、細かい静脈など、すべての血管の温存を心がけた、丁寧な手術を行っています。この為、出血量が少なく輸血を行う事は通常ありません。元の生活に早期にもどれるよう、無剃毛で手術を行っています。


増大しつつある脳底動脈-上小脳動脈分岐部の血栓化動脈瘤の症例

高位の動脈瘤で、開頭手術も血管内治療も困難との理由から、他院で経過を見られていた方の画像です。脳幹に動脈瘤の圧排による浮腫を認め、ふらつきがありましたが、術後消失し自宅退院されています。

術前

術後

術前

術後

増大傾向の未破裂前交通動脈瘤の症例

前交通動脈瘤は破裂しやすい為、小型でも積極的に治療を行っています。
根治させる事が大事です。この症例では上向きの動脈瘤にて前頭開頭により大脳半球間裂より動脈瘤にアプローチする必要があります。前頭洞の処置を行い術野を拡大し嗅覚を温存した手術です。

A3-A3bypassを行い治療した大型前交通動脈瘤

脳梗塞で入院された際に見つかった13mmの大型前交通動脈瘤の方です。
動脈瘤から前大脳動脈が分岐している形状で、通常のネッククリッピングが困難と判断し、A3-A3bypassを行い動脈瘤のclippingを行った症例です。あらかじめbypassを行うことで、安全に治療を行うことができ、合併症なく自宅退院されています。

術前CTA

術後CTA

増大傾向のある椎骨動脈解離性動脈瘤の症例

術前CTA

術後CTA

術後MRI

頭痛で発症された、椎骨動脈解離の症例です。
力を入れたり、血圧の上がる動作を行う度に頭痛を自覚され、破裂を心配されていた方です。
動脈瘤から後下小脳動脈が分岐しているため、他院で血管内手術を断られ受診されました。
後頭動脈を用い後下小脳動脈にバイパスし、椎骨動脈を遮断する事で破裂の危険性を減じる事ができました。合併症無く自宅退院されています。

脳ドックで見つかった後大脳動脈末梢の動脈瘤

術前CTA

術後CTA

脳ドックで偶然見つかった後大脳動脈末梢の動脈瘤の方です。動脈瘤自体から血管が分岐している形状であったため、後頭動脈を鳥距動脈と吻合し、動脈瘤の治療を行った症例です。
一部に視野障害が出ましたが、その他合併症なく自宅退院されています。

めまいで偶然見つかった前交通動脈瘤の症例

術前CTA

術後脳血管撮影

めまいで救急搬送され、検査の結果偶然見つかった前交通動脈瘤の患者さんです。
動脈瘤の形状から、血管内治療の良い適応と判断し、コイル塞栓術を施行しました。合併症なく早期に自宅退院されています。

外来診療表

 
午前 藤本 担当医 福田 斎藤 藤本 齊藤
午後 福田 担当医 福田 斎藤 藤本  
〒320-0811 栃木県宇都宮市大通り1-3-16
社会医療法人中山会
宇都宮記念病院
脳神経外科
〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り1-3-16
028-622-1991