主な対象疾患

脳動静脈奇形

術中にICGだけではなく、IVDSAを行いナイダスと言われる血管塊の裏側まで、血管の構造を確認して安全に摘出術を行っています。

代表症例

脳出血で発症された脳動静脈奇形の症例です。JCS200の意識障害を呈し、緊急で開頭手術を行い、血管奇形を全摘出しています。経過は良好で独歩可能にまで回復しています。


代表症例 30代男性
脳出血で発症した脈絡叢部脳動静脈奇形(arterio-venous malformation:AVM)

脳動静脈奇形(AVM)の患者様です。意識障害、左上下肢麻痺で救急搬送されました。
頭部CT上右側頭葉から頭頂葉にかけて約40mlの脳内出血を認め脳血管造影にて多数の栄養血管(右中大脳動脈、右前脈絡叢動脈、後大脳動脈)が認められ、寺田友昭教授を招聘し、合計3回にわけ、段階式にAVM塞栓術を行いました。

頭部CTでは41✕39mmの側頭葉~頭頂葉にかけての頭蓋内出血
造影CTAでは脈絡叢部に脳動静脈奇形を認めます。

1回目は主に後大脳動脈から流入する栄養血管に対して超選択的経動脈的塞栓術を行いました。
Defrictorという1.3Fr(0.43mm)のとても細いマイクロカテーテルを栄養血管まで誘導し、Onyxという特殊な液体塞栓物質を注入し、血流を減らしAVMへのストレスを減弱させています。
塞栓術の際に穿通枝を同時に塞栓されてしまい、術後右視床に脳梗塞を来しましたが、幸いにも神経障害は軽度でリハビリテーションを行い症状は改善しています。

後大脳動脈からの栄養血管は消失しています。

2回目の塞栓術の際には中大脳動脈から流入する栄養血管に対して治療を行いました。
1回目の治療時は血栓化により描出されなかった動脈瘤(flow related aneurysm)を認め、脳出血の出血源と考えられ、MEPでモニタリングしながら、麻痺が出ていないことを確認しながら、onyxによる経動脈的超選択的動脈瘤塞栓術を行いました。

外来診療表

 
午前 藤本 黒川 担当医

木暮第1・3・5
痺れ外来
斎藤 藤本 齊藤第1・3・5
河野第2・4
(受付11:30まで)
午後 藤本 黒川 担当医

木暮第1・3・5
痺れ外来
斎藤 藤本 齊藤第1・3・5
河野第2・4
(受付16:00)
〒320-0811 栃木県宇都宮市大通り1-3-16
社会医療法人中山会
宇都宮記念病院
脳神経外科
〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り1-3-16
028-622-1991