主な対象疾患

血管芽腫等

小脳血管芽腫瘍

代表症例 60代男性
再々発で他院からご紹介いただいた充実性小脳血管芽腫

小脳血管芽腫の患者様ですが、他院で治療が行われている方です。新たに別の場所に再発されたのですが、充実性で血流に富む腫瘍です。腫瘍の大きさも40mmを超えており、水頭症を併発しているため緊急手術が必要なため、他院からご紹介いただきました。術前にNBCAによる超選択的腫瘍塞栓術を血管内治療でご高名な昭和大学の寺田教授に行っていただき、腫瘍から出血しにくい状態にしていただきました。通常の後頭下開頭で小脳テント下面から腫瘍に到達しようとしても、小脳の一部を切り取る必要があり、右の後頭葉と小脳テント隙間からアプローチして、小脳テントを切開して腫瘍にアプローチしています。術前の腫瘍内塞栓が大変よく効いており、腫瘍を一塊に全摘出しております。術後意識は改善し、歩行可能となっています。

  • A:1.5T MRI 金属片の影響でartifactを認めます。右小脳に40mm大の腫瘍を認めます。
  • B:小脳テントに接するように腫瘍が存在しています。
  • C:脳血管撮影にて腫瘍血管から豊富な血流を認めます。

腫瘍は全摘出され水頭症も改善しています。術前に腫瘍の栄養血管を塞栓したNBCAが周囲に見られます。

後頭葉と小脳テントの間隙からアプローチして腫瘍を全摘出しています。

外来診療表

 
午前 新甫 担当医 福田 斎藤 藤本 齊藤
午後 新甫 担当医 福田 斎藤 藤本  
〒320-0811 栃木県宇都宮市大通り1-3-16
社会医療法人中山会
宇都宮記念病院
脳神経外科
〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り1-3-16
028-622-1991