主な対象疾患

静脈洞血栓症

代表症例 70代男性
多発脳内出血を発症した上矢状静脈洞(superior sagittal sinus:SSS)閉塞症

意識障害(Japan coma scale(JCS):Ⅱ-10)、両側上下肢麻痺で発症され、頭部CT上、両側前頭葉に脳内出血を認めました。造影CT上前方1/3のSSSが閉塞しており、ヘパリンの持続投与を開始しました。

CT上両側前頭葉に多発性の脳内出血を認め、脳浮腫も伴っています。
造影CTV上SSSの前方約1/3が閉塞しています。

経時的CTで出血の増大を認め、ヘパリンを中止し経皮的経静脈的血栓回収療法を施行しました。右内頸静脈に6Frのシース留置しCerulean DD6という血管に優しい中間カテーテルを挿入し、SSSの閉塞部位までDD6を誘導しました。その後DD6より用手的血栓吸引を施行しました(ADAPT テクニックと呼ばれています。)合計4回の血栓吸引を行いSSSの再開通を認めました。

血管造影ではSSSが閉塞していましたが、ADAPT療法を行い再開通を認めています。

フォローアップCT上は出血の拡大は認めず、MRVでもSSSの再開通を確認しています。

外来診療表

 
午前 藤本 担当医 河野 斎藤 藤本 齊藤
午後 藤本 担当医 河野 斎藤 藤本 斎藤
〒320-0811 栃木県宇都宮市大通り1-3-16
社会医療法人中山会
宇都宮記念病院
脳神経外科
〒320-0811
栃木県宇都宮市大通り1-3-16
028-622-1991